腕に大きなホクロがあるけど施術中に影響はない?

腕に大きなホクロがあるけど施術中に影響はない?

日焼けをした後は脱毛が出来ないということはよく聞きますが、腕の脱毛をしてみたいけれど、大きなほくろがあった場合など、施術中に影響があるか気になりませんか。シミやほくろに生えている毛の部分は脱毛することが出来ません。その理由は、脱毛で利用するレーザーが黒い色に反応するという性質があるからです。その性質を利用して、集中的に熱を加えることとで、毛が生えてくる仕組みから破壊するという方法で施術を行っているためです。

これを無視して、ホクロの部分に照射をすると、その部分の肌は毛細細胞と同じぐらいのダメージを受けてしまいます。痛みが伴ったり、場合によっては軽いやけどを負ってしまうことがあります。ホクロだけでなく、あざなどで色素沈着した箇所や日焼けをした後に脱毛が出来ないのも同じ理由です。乳輪などのもともと肌の黒い部分も行うことが出来ません。しかし、そのほくろの部分さえ避ければ、レーザー脱毛や光脱毛を行うことが出来ます。

腕に大きなホクロがあるけど施術中に影響はない?

サロンでの施術の場合、一般的にはそのほくろのある個所に保護用シートを貼って、脱毛の光が当たらないようにする方法をとっています。最近は家庭で行える脱毛器も数多く販売されていますが、そちらで自己処理をする場合も、同様にほくろの部分を避けて処理をする必要があります。薬局などで販売している、ガーゼ(できれば白色)を肌に貼り付けて、光照射がされないように保護しておきましょう。ホクロ以外の部分はサロンで脱毛をして、ホクロ部分の脱毛はカミソリや毛抜きで行うということが良いでしょう。肌トラブルになるおそれが大きいので、ホクロ部分への照射だけは避けるようにします。

もし、どうしてもホクロ部分も永久脱毛がしたいのであれば、ニードル脱毛を行う方法があります。エステサロンか医療機関で行うことになりますが、ニードル脱毛は脱毛自体に痛みの苦痛を伴うことが多いので、局所麻酔が受けられる、医療機関での脱毛のほうがより安全に受けられます。しかし、ニードル脱毛のホクロ部分への脱毛は、ホクロ部分でも処理できるメリットはありますが、痛みが生じる上に、肌への負担もすくなからずはあるので、どうしても脱毛をしたいという場合でなければ、避けた方がいいでしょう。

マルバツ診断画像




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ