無性にあそこが痒いのってアンダーヘアが関係してる?

デリケートゾーンの悩みのひとつにかゆみがあります。お友達にもなかなか相談がしにくい話題ですよね。「かゆみ・におい・むれ・かぶれ」の症状が悩みの多くをしめていて。デリケートゾーンのかゆみは、実は2人に1人が感じていると言われるほど、皆さん経験されているそうです。デリケートゾーンのかゆみについて、いろいろとお話させていただきますね。

デリケートゾーンは身体の皮膚の中で特に薄い部分です。そのため、非常に刺激を受けやすいのです。原因のひとつにムレがあります。ストッキングやガードルなどはデリケートゾーンを圧迫し通気性も悪いため、むれやすくなります。また、ショーツも清潔な通気性のよい綿素材を使用し。スカートやゆとりのあるパンツなどしめつけない洋服を選ぶこともかゆみの予防につながります。次に、生理用ナプキンやおりものシートです。経血は時間がたつとにおいとともに雑菌が繁殖します。ナプキンやシートでさらに湿気がこもり肌との摩擦もあってトラブルを起こしやすくなります。肌にあったものを選択し。こまめに、取り替えてシャワーでデリケートゾーンを清潔にするといいでしょう。

そして次は、疲れ・ストレスです。疲れやストレスを感じると免疫力が低下しやすくなります。そのため、デリケートゾーンにかゆみを感じてしまうこともあるようです。さらに、免疫機能が下がってしまうことで膣カンジダを発症してしまうかもしれないのです。5人に1人が経験しているといわれています。外陰部にかゆみと、カッテージチーズのような白くぽろぽしたおりものがある場合には膣ガンジダの可能性が高いのですぐに病院へ行きましょう。

次は、アンダーヘアです。アンダーヘアに汗やおりもの・生理の経血が付き、むれて菌が繁殖してしまうのです。とくに、生理中は普段よりもデリケートゾーンがむれやすくなっています。そのため、かゆみを発生させやすいのです。もちろん、ナプキンによるむれが多いですが脱毛などでアンダーヘアが少ない状態にあるとムレを引き起こしにくく雑菌が繁殖しずらくかゆみも発症しにくくなると考えられます。アンダーヘアを少しへらすだけでもムレからのかゆみも減るでしょう。デリケートゾーンのかゆみは、通気性のよいショーツを選びゆとりある服でナプキンをこまめにかえ清潔をたもち。疲れをためないようにする。そして、デリケートゾーンのお手入れも心がけるとかゆみも少なくなるのでおすすめです

マルバツ診断画像




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ