女の園

女の園

脱毛サロンと言うと、良い意味でも悪い意味でも女の園を連想します。実際には近年は男性も脱毛器を使ったり、脱毛サロンに通ったりするそうですが、地方に住んでいると、やはり脱毛イコール女性というイメージです。脱毛のコマーシャルは、だいたい若くて(美人というより)愛され系の可愛い女性がしています。脱毛サロンに勤めているスタッフも女性です。通う利用者も、イメージとしては女性です。 脱毛するには、サロンで服を脱ぐ必要がありますから、女性客にとっては、男性ではなく、女性がスタッフとして詰めていてくれた方がありがたいです。また、脱毛する時に脇をあげたりする姿勢をとるのにも、同性が担当してくれた方が恥ずかしくなくて済みます。

万一、脱毛で肌トラブルが生じた時も、男性だと「馬鹿なことをして肌を傷めるなんて、馬鹿な奴だ」というような態度をとる人もいるので、女性の気持ちが分かる同性が好ましいです。勧誘の煩わしさも同性ならではのものがあり、良い意味でも悪い意味でも女の園が脱毛サロンです。

恥ずかしい、人に知られたくない、ちょっと怖い

恥ずかしい、人に知られたくない、ちょっと怖い

よく見かける脱毛サロンは「初回脇の下XX円」などの割引での呼び込みが多いと感じます。ですが処方の詳細が明確でなかったり、ビルの2階以上に入っていることが多く、少し怖いイメージがあります。また脱毛するにあたり、スタッフの方に人に見られて恥ずかしい部分を見せないといけないということで、どのような処方をしていただけるのか明確でないと足を運ぶ気がしません。また知り合いに脱毛サロンに入っていくのを見られるのも抵抗があります。サロンに行くと腕や足など毛深い部分を指摘され、希望の部分だけでは終わらない、指摘されて嫌な気分や恥ずかしい思いをさせられてしまいそうで、あまり自らすすんで足を運びたいと思えません。

また脱毛する際、根っこからもぎ取るイメージがあり、痛みを伴ったり、皮膚を気づつけてしまうイメージがあります。個人的には脱毛サロンと書かれているところより、永久レーザー脱毛という風に書かれているほうに興味を惹かれます。痛みも伴うと聞いたことがありますが、どうせならレーザーのほうが長持ちしそうですし、何度も気が進まない場所に行かなくて済むからです。

マルバツ診断画像

マルバツ診断画像




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ